あなたは何を美容師に求めますか?

2015.09.12 Saturday

0

    おはようございます☆


    昨日、Benjaminmoore大阪の担当さん依頼で同社ペイントナビというサイトにて、使ってみた壁塗料の感想と写真提供をさせていただきました。

    このリンク先を見ていただければ分かるかもしれませんが、ブルーの壁と赤いソファーはインパクト強いですね。
    そもそもの使い方は特定のお客様が出入りする事を考えてゆったりと掛けて頂けて、なおかつ撮影で見栄えのするソファーです。
    白めの壁の窓があるもう一枚の写真も同じような感じ。
    このスペースにはもうひとつ窓の無い壁があって、同じ白めの塗料を使用しています。
    ひとを撮影するにあたって真っ白のバック紙もいずれ出番がやって来るかなぁ…。

    さて、
    橘はそもそも『こだわりの』という言葉は苦手です。
    …こんなスペース作っといて!とか思ったかも知れませんが 笑

    『こだわりの』って、イコール限定されるイメージの感覚。
    これに関しては凄く女性的な感覚なんですが、
    こだわりって拡がりや革新的なとこが無いなぁとか、ベーシックな技術(ごくごく基本的なカットとか薬剤選定とかね)のその先が見えて来ないなぁとかそんな感じ。

    遊びが無い。


    お客様にスタイル提案する際に、その方の器にあった可能性を、ご要望があればどんな風に拡げられるか?

    それこそが凄く大切な事で、もちろん髪質やその他諸々の縛りはあるけど、求める所にどうやって、どこまで対処出来るかが私達美容師や理容師の根幹だと思うのです。

    ひとつのスペースを作って、より柔軟に仕事の幅が拡がり、あー、自分も自分の幅をまだ拡げ続けようと思ったんです。


    …以上秋の夜長の独り言でした。

    さてさて、今日明日も忙しくなりそう。
    おやすみなさい。←ちょっと仮眠







    日々のBATOはこちらへ


    0170684e35d59d42c45db0699693dbaef730bcd9dc.jpg


     
    BATOサロンスタイルに特化するとここが見やすいかと思います

     
    art.identity.guide.png
     

    営業日程・アクセス等お店情報はBATO公式HPへ☆
     

    スポンサーサイト

    2017.03.29 Wednesday

    0